【さっぱりふりかけ!】永谷園「ぽん酢ふりかけ」

ふりかけ

目次

    • 「ぽん酢ふりかけ」のスペック
    • 「ぽん酢ふりかけ」の中身
    • 商品について
    • 味の評価について
  • 口コミ
  • まとめ

「ぽん酢ふりかけ」のスペック

参考価格  132円
内容量  30g
コスパ  4.4円/1g当たり
原材料 調味顆粒(乳糖、食塩、ぽん酢シーズニング、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、粉末酢、ゆず粉末果汁、昆布粉、粉末醤油、鰹節エキス)、ごま、フレーク(小麦粉、でん粉、食塩、砂糖、植物油脂)、海苔、ゆず皮、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、香料、クチナシ色素、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)
アレルギー物質指定28品目 小麦、乳、ごま、大豆

 

「ぽん酢ふりかけ」の中身

  今回は隠れ人気の永谷園【調味料ふりかけシリーズ】です!

七味ふりかけ、ゆず胡椒ふりかけ、山椒ふりかけ、ぽん酢ふりかけ

ぽん酢ふりかけ|商品情報|永谷園 (nagatanien.co.jp)  

その中でも人気商品の「ぽん酢ふりかけ」をご紹介します♬  

 

中身はさっぱりとしたゆずの風味に昆布醤油を合わせることで、ゆずポン酢の味を再現したふりかけになっています🍚!  

 

また、中身は細かく刻まれているのでシリーズ名通り「調味料」としてしても活躍しそうです✨  

湯豆腐にかけるのも良し、和え物に使うのにも良しの一品です( *´艸`)  

商品について

そもそも、普段当たり前に使用している「ポン酢」ですが、起源が気になり調べてみました( ゚Д゚)

オランダの”ポンス”が日本に伝来

江戸時代、日本は長く鎖国時代があり、海外との交流はありませんでしたが、オランダ・中国とは国交を結んでいました。
オランダの”ポンス”が日本にも伝えられ、もともとはオランダとおなじく、食前酒として飲まれていましたが、日本は食前酒の習慣はなかったので、その通りには定着しなかったのです。
 

それまでは、かんきつ類には縁がなかった

少し意外にも思いますが、江戸時代まで日本はレモンやオレンジなどのかんきつ類には縁がなく、”ポンス”に使うかんきつ類の果汁をひとまとめにして“ポンズ”と呼ぶようになってしまったんだとか。
結果として、日本では酢としょう油を加えて味を調整し、長く保存できる調味料として普及するようになり、”ポンス”のスの部分に「酢」の漢字が当てられて、「ポン酢(ポンズ)」という言い方になりました。
 
!!!そうだったんですね!!!
 
当初はオランダから柑橘系のお酒として輸入されたのが、次第に日本の「お酢」と組み合わされ調味料に進化していったんですね♬
 
私はぽん酢が大好きなので、お鍋や焼き魚のときに大活躍しています(((o(*゚▽゚*)o)))
 
最近ではよくCMで流れている【鶏のさっぱり煮】を作っています✨
鶏のさっぱり煮

味の評価

味   ★★★★☆

コスパ ★★★☆☆

リピート★★★☆  

 

①味 ★★★★☆

開けた瞬間ゆずの香りが漂い、ほのかな酸味がクセになります!

中身も細かく刻まれているので食べてもじゃりじゃり感等無く、もりもり食べれる商品に仕上がっています🍚!

②コスパ ★★★☆☆

100円前後で購入することができ、中身もたっぷり30g入っているので満足度も高いです( *´艸`)

個人的には夏場の素麺の薬味でも使用してみたいと思っています♬

③リピート★★★☆☆

定期的に購入したくなります!

が、しかし!!

他のシリーズも食べたいので、購入頻度は控えめかもしれません(( ;∀;)🍚

口コミ

まとめ

永谷園の調味料ふりかけシリーズだね!
 
おとなのふりかけのイメージが強いけど、変わり種のふりかけもあるのね♬
 
 
他にも無添加ふりかけなどもあるそうだよ!
お茶漬けのイメージが強かったから他のふりかけも気になるね!
 
ぽん酢好きの方は是非是非( *´艸`)✨
 
永谷園「ぽん酢ふりかけ」参考価格132円

 
【お問い合わせフォーム】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました