【秋田県】(有)ゆめ企画須藤健太郎商店「まんまけぇ」

その他

目次

  • 「まんまけぇ」のスペック
  • 「まんまけぇ」の中身
  • 商品について
  • 味の評価について
  • 口コミ
  • まとめ

「まんまけぇ」のスペック

参考価格 417円
内容量 100g
コスパ  約4.2円/1g当たり
原材料 たくあん漬(干し大根、砂糖、米ぬか、食塩)、白ごま、黒ごま/調味料(アミノ酸等)、ベニバナ色素、(一部にごまを含む)
アレルギー物質指定28品目 ごま

「まんまけぇ」の中身

商品名を聞いてわかる人はいないのではないでしょうか…。
「まんまけぇ」!?
調べてみますと、秋田弁で「ごはんを食べて」という意味だそうです。
【まんま(ごはん)けぇ(食え)】だそうです(笑)
面白い由来ですね♬
 
中身は秋田県産の大根を使用した「いぶりがっこ」を生タイプのまま刻み、ごまなどで味付けされたふりかけになっています!
 
 

商品について

こちらの商品「秋田いぶりがっこ協同組合推薦」商品に選定されており、お土産などに人気な商品とのことです!

そもそも「いぶりがっこ」とは、、、私も今一つ分からなかったのですが、、、

いぶりがっこは、元々は四方を山々に囲まれた秋田県雄勝野で作られていた漬物で、その起源は古く室町時代からとも伝えられています。東北の厳しい寒さの中で干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、大根を囲炉裏の上に吊るして燻製にしたあとに米ぬかに漬け込むようになったことが始まりです。

製造工程に燻製などの手間がかかっているため、同じ大根の漬物であるたくあんと比べて値段は高めですが、いぶりがっこ独特の風味は多くの人を魅了しています。

いぶりがっことは?名前の意味は?味・作り方や食べ方おすすめ13選も紹介! | ちそう (chisou-media.jp)

なるほど!大根を燻製して漬け物にしたものなのですね!

秋田弁で「いぶり(燻製)」「がっこ(漬物)」という意味になっており、いぶりがっこ言うようになったのですね✨

勉強になりました!📓🖋✨

最近では居酒屋でポテトサラダに入れたり、クリームチーズに挟んだりと、人気のおつまみメニューになっていますよね(*^-^*)

味の評価

味    測定不能

コスパ  ★★★★☆

リピート 測定不能

①味  測定不能

お漬物マニアには堪らないふりかけになっていますね!

私も早く手に入れて食べてみたいです🍚✨

②コスパ ★★★★☆

意外や意外!価格も安くお求めやすくなっています!

たくさんのメニューに応用できるのでコスパもいい商品ですね。

③リピート 測定不能

まずは食べてみたいです!

秋田県に行った際は是非購入してみます(((o(*゚▽゚*)o)))

口コミ

まとめ

前回の「岩手県」に続き、今回のご当地ふりかけは「秋田県」編だね!
地元の名物をふりかけにした商品なのね!
「いぶりがっこ」は最近よくお店で見かけるようになったね!
本場の「いぶりがっこ」是非食べてみたいわ♬
秋田県に行った気分になれるかも…✨
(有)ゆめ企画須藤健太郎商店「まんまけぇ」参考価格417
【お問い合わせフォーム】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました